ヨネックスの訴訟事例でみる商標調査の重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YONEX社、商品名類似のラケット販売で訴えられる

注意

今月、yahooニュースや、朝日新聞デジタルなどでも報じられたヨネックス社の訴訟問題。

ゴルフ用品メーカー「Tour G」(ツアージー)が自社のゴルフグリップと似た名称のテニスラケットを、スポーツ用品大手の「ヨネックス」が販売しているとして、そのラケットの販売差し止めや2200万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴しました。

 

 

提訴の内容

2015年7月3日付に、株式会社Tour・Gが、ヨネックス株式会社を訴えました。

株式会社Tour・Gが持つ商標権「TOUR G」(詳細は以下の2件)と、ヨネックスの販売しているラケット「VCORE Tour G」の商品名が似ているため、株式会社Tour・Gの商標権を侵害しているという理由です。

ヨネックスは、販売しているラケットの中でも、「VCORE Tour G」を主力商品に位置づけていますが、そのラケットの販売差し止めや2200万円の損害賠償を求められています。

 

http://www.asahi.com/articles/ASH865FT5H86ULFA01H.html(朝日新聞デジタル)

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6169746(yahooニュース)

 

 

<株式会社Tour・Gの商標権1>(特許庁J-PlatPatから引用)

 ツアージー1

 

<株式会社Tour・Gの商標権2>(特許庁J-PlatPatから引用)

 ツアージー2

 

 

商標権と商標調査の重要性

ビルと木漏れ日

新しい商品が、せっかく売れて主力商品になっても、突然このように、商品名が似ているという理由で、販売差し止めや損害賠償請求を受けることがあります。

そうならないためにも、事前の商標調査は必須です。

また、その商標を商標登録しておくのが安心です。

商標登録とは、特許庁(国)から、「その商標と似ているものは登録されていないので、他社の商標権を侵害することにはならないですよ。」「ブランドとして認めてあげますよ。」という、いわば、おすみつきをもらっていることになるので、新商品の商品名や屋号を新しく決めるときなどには、商標登録しておくことをお勧めします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

調査無料、出願手数料9,800円~で商標登録

商標登録Toreru(トレル)なら、

簡単に商標登録ができ、出願手数料9,800円~です。

大学、ベンチャー、アマゾンセラーなどECサイト運営者が利用。

  • 調査無料 ・ 出願手数料9,800円~

  • 年間300案件以上の経験豊富な弁理士が丁寧に対応

  • マイページでカンタンに商標を管理

  • メディア、ブログ、Facebook等で紹介多数


商標登録をお考えであれば、是非ご活用下さい。詳しい情報は下記のボタンから確認できます。

 

もっと詳しく見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*