商標の更新は5年と10年、どちらがおすすめ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

悩む女性

 

商標の権利は、存続期間の満了日(権利が切れる日)が決まっていますが、「今後も商標を使い続けたい!」「商標の権利を持ち続けたい!」といった場合は、商標権の更新手続をすることができます。

更新期間は、「5年分」or「10年分」を選ぶことができるのですが、一体どちらの方がよいのでしょうか?

 

 

 

1.「5年」の分割納付の方が費用は安いが、割高になる

 電卓1

商標権を更新する場合は、特許庁に書類を提出し、同時に印紙代を納める必要があります。

この印紙代が、「5年分」か「10年分」で変わってきます。

印紙代は、

①5年分:22,600円×区分の数

②10年分:38,800円×区分の数

です。

「5年」の方が、費用は安くなりますが、1年単位で考えると、割高になります。

 

 

2.ライフサイクルが短い商品は「5年」の分納がおすすめ

缶

更新費用は、決して安くはありません。

特に、区分の数が多くなると、費用は高額になってきます。

更新する際に、存続期間が10年でなく、5年で足りると考える場合には、「5年分」を選択すればよいでしょう。

具体的には、ライフサイクルが短い商品やサービスの場合は、5年分の分割納付がおすすめです。

実務上でも、最近は、事業の変化が速いこともあり、5年分を選択する方が多くみられます。

 

 

3.屋号や主力商品は「10年」がおすすめ

老舗

滅多に変更することのない商標や、長く権利をとっておきたい場合は、「10年分」を選択すればよいでしょう。

具体的には、屋号や主力商品など、今後も長く使用する予定であれば、10年分をおすすめします。

 

 

4.「5年」を選んだ場合、6年目以降はどうなるの?

はてな(雲)

「5年分」を選んだ場合でも、6年目以降も権利を存続させることはできます。

その場合は、残りの5年分の費用(分割納付の後期分)を納める必要があり、費用は、前期に納めた額と同様です。

残りの5年分の費用(分割納付の後期分)を納めなかった時は、商標権存続期間満了前5年の日で権利は消滅します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

調査無料、出願手数料9,800円~で商標登録

商標登録Toreru(トレル)なら、

簡単に商標登録ができ、出願手数料9,800円~です。

大学、ベンチャー、アマゾンセラーなどECサイト運営者が利用。

  • 調査無料 ・ 出願手数料9,800円~

  • 年間300案件以上の経験豊富な弁理士が丁寧に対応

  • マイページでカンタンに商標を管理

  • メディア、ブログ、Facebook等で紹介多数


商標登録をお考えであれば、是非ご活用下さい。詳しい情報は下記のボタンから確認できます。

 

もっと詳しく見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*