商標出願中の住所変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お花とおうち

商標を出願中に、引っ越して住所が変わった経験はありませんか?

出願中であれば、1度の住所変更手続で、全ての出願中案件に変更が反映できます。

 

住所変更手続とは

権利者が同じで、出願中に住所が変わった時は、「住所(居所)変更届」を特許庁に提出することで、出願人の住所を変更することができます。

 

識別番号(各出願人を特定するために割り当てられた番号)に対する住所変更手続は

①出願中である

②権利者の実態は変わらない

の両方を満たす場合にできます。

登録後に住所が変更された場合や、第三者に商標権を譲渡したり、個人から法人へ変更した場合などは別の手続になりますので、ご注意ください。

 

 

住所変更手続をすると、全ての出願中案件に変更が反映される

出願中は、「識別番号」という、出願人に割り当てられる番号で管理されています。

基本的に、同じ出願人には、同じ「識別番号」がつきます。

ただし、出願した時の願書の情報によっては、(具体的には、先の出願と住所や名前が異なる場合)別出願人と扱われるため、別の識別番号がつきます。

この「識別番号」に対して行う「住所変更手続」ですので、同じ識別番号がついている出願は、全て、1度の手続で変更が反映されます。

 

 

住所変更手続をするメリット

77d32c0a7334b73c520455e6cb5685f0_s

住所変更手続のメリットは主に以下の3点です。

①コストが安い

出願中であれば、案件ごとに手続する必要がなく、1度の手続で済むので、コストが抑えられます。

②登録証の住所が、新住所で記載される

特許庁から発送される登録証には住所が記載されています。これが新住所になります。

③商標が取り消されるリスクを防ぐ

登録後に、不使用取消審判等を第3者に起こされた場合に、特許庁からの書類が届かずに、対応することができないケースがあります。

そうすると、自分の知らないうちに、商標が取り消されてしまうというリスクが考えられます。

 

住所変更手続をしないことが直接の原因で、商標が取り消されることはありませんが、上記のようなリスクを防ぐためにも、大切な商標は、住所変更の手続をしておくことをお勧めします。

 

 

住所(居所)変更手続の書類

出願中の住所変更手続は、「住所(居所)変更届」を特許庁に提出します。

住所変更届

(特許庁HPより

https://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/e_shutugan/isdn/isdn_yoshiki.htm

 

 

住所(居所)変更手続の費用

特許庁に支払う印紙代はありません。

代理人に依頼する場合は、特許事務所によって、手数料は様々ですが、おおむね、10,000円~30,000円が多いと思います。

 

Toreruでは、手数料10,000円で承っております。

なお、区分による加算はありませんので、区分の数がいくつでも、費用は同じです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

調査無料、出願手数料9,800円~で商標登録

商標登録Toreru(トレル)なら、

簡単に商標登録ができ、出願手数料9,800円~です。

大学、ベンチャー、アマゾンセラーなどECサイト運営者が利用。

  • 調査無料 ・ 出願手数料9,800円~

  • 年間300案件以上の経験豊富な弁理士が丁寧に対応

  • マイページでカンタンに商標を管理

  • メディア、ブログ、Facebook等で紹介多数


商標登録をお考えであれば、是非ご活用下さい。詳しい情報は下記のボタンから確認できます。

 

もっと詳しく見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*