商標出願するときに、アルファベットの大文字と小文字で差があるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルファベット

アルファベットを使用した商標出願の時に、大文字で出願するのと、小文字で出願するのは、違いがあるのでしょうか?

 

 

原則、差はありません

大文字で出願するのと、小文字で出願するのは、原則、差はありません。

例えば、ToreruとTORERUとtoreruは、実質的に同一とみなされます。

 

具体例

アルファベットピース 

①不使用取消審判:不使用にはならないので取り消される心配はない

商標が登録になっても、その商標を実際に使っていないと、その権利を潰したい第3者から「不使用取消審判」をおこされ、権利がなくなってしまうことがあります。

この「不使用取消審判」に関しては、例えば、出願の様態が「toreru(小文字)」であって、実際に使用している様態が「TORERU(大文字)」であっても、実質的に同一とみなされるので、「不使用」にはあたらず、「不使用取消審判」で取り消される心配はありません。

 

②権利行使:権利行使できる

登録された商標を第3者が使用している場合、差し止めや損害賠償の請求ができます。

これについても、例えば、商標登録が「toreru(小文字)」であって、第三者が「TORERU(大文字)」を使用しているような場合、実質的に同一とみなされ、差し止めや損害賠償の請求をすることが可能です。

 

③早期審査:早期審査の対象にならないことがある

商標の審査期間を短縮したい場合に利用する「早期審査」という制度があります。

例えば、出願した様態が「toreru(小文字)」で、実際に使用している様態が「TORERU(大文字)」の場合、審査官によっては、早期審査の対象としない場合があります。

(参考:特許庁の商標早期審査に関するQ&Aより

https://www.jpo.go.jp/torikumi/t_torikumi/souki/shkouhou_q_a.htm )

 

黒板 大文字小文字

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

調査無料、出願手数料9,800円~で商標登録

商標登録Toreru(トレル)なら、

簡単に商標登録ができ、出願手数料9,800円~です。

大学、ベンチャー、アマゾンセラーなどECサイト運営者が利用。

  • 調査無料 ・ 出願手数料9,800円~

  • 年間300案件以上の経験豊富な弁理士が丁寧に対応

  • マイページでカンタンに商標を管理

  • メディア、ブログ、Facebook等で紹介多数


商標登録をお考えであれば、是非ご活用下さい。詳しい情報は下記のボタンから確認できます。

 

もっと詳しく見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*