商標出願の二段書(二段併記)とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おうち3

商標の二段書(二段併記)というのは、「ローマ字+カタカナ」や「漢字+カタカナ」など二段に併記して出願することをいいます。

二段書商標の、メリット・デメリットや、どのような時に二段書で出願するのかについて、詳しくご紹介します。

 

 

二段書商標のメリット

①コスト削減

例えば、「ローマ字+カタカナ」の二段書で出願した場合、どちらも権利範囲に入ります。

「ローマ字」と「カタカナ」、2件の商標出願をするのと比べ、1件の費用で済むので、コストが削減できます。

 

②称呼を固定する

アルファベットや漢字が造語の場合は、複数の読み方をされる場合があります。

また、アルファベットや漢字が、見る人によって、違うように読めるときは、複数の読み方をされる場合があります。

複数の読み方をされると、先行登録商標と類似する可能性が高まります。

そのため、フリガナを付けた二段書の表記にして、称呼を固定して類似しないようにします。

 

 

二段書商標のデメリット

商標は、原則出願の様態で使用していなければ、使用しているとは認められないことがあるので、第三者から「不使用取消審判」を起こされた場合、取り消されるリスクがあります。

せっかく権利がとれても、少し使いにくい商標権になるかもしれません。

 

 

 

こんな場合は・・・

一般的な読み方に、普通は読めないフリガナをつけた二段書商標の場合は、一般的な読み方とフリガナが称呼に入ります。

(例)「竜田川」+「リュウデンセン」の二段書商標の場合、「竜田川」は一般的に「タツタガワ」と読めるので、この商標の称呼は「リュウデンセン」と「タツタガワ」となります。

竜田川(縮小版)

 

まとめ

風船

二段書の商標は、コスト削減や、類似商標を回避する目的のために、この様態で出願することがあります。

ただし、前述の通り、二段書商標にはリスクが伴うので、重要な商標の場合は(※特に、商標が造語などで、見る人によっては違う読み方をする場合)、「ローマ字(漢字)」と「カタカナ(ふりがな)」を別々に出願することをお勧めします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

調査無料、出願手数料9,800円~で商標登録

商標登録Toreru(トレル)なら、

簡単に商標登録ができ、出願手数料9,800円~です。

大学、ベンチャー、アマゾンセラーなどECサイト運営者が利用。

  • 調査無料 ・ 出願手数料9,800円~

  • 年間300案件以上の経験豊富な弁理士が丁寧に対応

  • マイページでカンタンに商標を管理

  • メディア、ブログ、Facebook等で紹介多数


商標登録をお考えであれば、是非ご活用下さい。詳しい情報は下記のボタンから確認できます。

 

もっと詳しく見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*