クマの名は。-Kuma Name-

2018年3月15日
カテゴリ
ジャム

最近話題のジャムムとは...。

僕はかわいいものが好きだ。かわいいものには色々あって、
それは人によっては女の子だったり、動物だったり、花だったりするのだけれど、
僕がここで言うかわいいものとはゆるキャラなのだ。
なぜ24歳の小男がゆるキャラにこんなにも心惹かれるのかはわからないが、
そのルーツは小さいときに買ってもらったクマのぬいぐるみかもしれない。
そのクマは白い体毛なのにおなかは虹色のわけのわからない配色のクマだったのであるが、
当時の僕はいつかなるときもそのクマと一緒だった。
あのクマはどこにいったのだろう。名も知らぬ、ただ配色がドギツイつぶらな瞳のクマは、
今は僕の記憶の中だけの存在なのだ。僕は当時の僕に尋ねる。クマの名は。-Kuma Name-

僕は今でもぬいぐるみのようなかわいいものが好きだと公言している。
しかし、人々はそんな僕を迫害するのだ。
小さいころには男女関係なくぬいぐるみを持つものなのに、なぜ大人になると男がかわいいもの好きだと迫害されるのだろうか。
なんだったら僕自身がゆるキャラだと僕は思っている。
誰でも2つの、いや、あるいはそれ以上の人格を内側に秘めているものだと思う。
僕の中にはたくさんの僕がいて、カッコつけたがるやつや、大人ぶりたいやつ、ずるがしこいやつもいるし、やさしいやつもいる。
その中のゆるキャラなやつは家に帰ると現れる。
”はふう”だとか”つかれたでやんすぅ”とか言ってるやつだ。
僕の友達のS君に、”君も家に帰ったらゆるキャラなんだろ”と尋ねたら、”キモ”と一蹴されてしまった。
彼はカッコつけたがりな性格だから、自分が家ではゆるキャラであることを隠したかったのであろう。
家に帰ってもクールなやつがいるなんて僕は絶対に信じない。

なぜこんな話をしたのかというと、僕の職場は二子玉川にあって、通勤には田園都市線を使うのだけれど、
いつもは気にも留めない電車の中吊り広告に強く、心を惹かれてしまったからだ。
これがその広告。

ジャムム

そう。”ジャムム”である。
朝、まだ覚醒していない僕の意識は、その瞬間、鋭敏になった。
このキャラはなんなのだ。ゆっるゆるではないか。かわいすぎる。何の動物なの。ウキャー。
思考が爆速で駆け巡る。
僕は慣れた手つきでケツポケットからスマホを取り出しググる。
だがしかし、この世のすべてを知っている情報の神グーグル先生は答を提示しない。
なんだ。なんなのだ。そんなことがあってたまるか。
グーグル先生が知らないなら誰も知るわけないじゃないか。クゥッ!
しかし、人間の知識欲はすごい。僕はあらゆる方法でジャムムを検索した。
しばらくすると、ツイッターでジャムムの画像をみつけた。

みんな情報の少なさに困惑している様子だ。

このまま情報難民が増加するのを指をくわえて眺めているしかないのか...。
諦めかけていたその時、僕はひらめく。
こんなちゃんとしたキャラクターなら商標取ってんじゃね?と...。

おもむろにToreru Search(トレルサーチ)を開く。
Toreru初心者にはなんのことかまったくわからないであろうが、Toreruは初心者でも商標がとっても簡単に検索できるサービス、
Toreru Search(トレルサーチ)を提供しているのだ。ロゴの検索ができるDeepLogo(ディープロゴ)もヨロシクゥ!

使い方はとっても簡単。(二回目)
気になるキーワードを入力するだけ!!

Toreru Search

さぁ、我が社自慢のシステムは僕の知的探求心を満たす答えを提示してくれるのか...。

ありました。

Toreru Search

身体の震えを抑えながらなんとか詳細をクリックする...。

Toreru Search

なんと、出願人はメトロアドエージェンシー様。
ジャムムさん...。あなた公式キャラですか...。

後日ツイッターを再度漁ったところ、ジャムムは満員電車に乗っててもほほえみを与える為に生まれたキャラクターらしい。

キャラクターだけではなく、誕生秘話まで暖かい。粋なキャラクターですね。
まだ商品展開などは考えてないとのことですが、グッズが出たら僕は絶対に買おうと思う。
どんなグッズが販売される可能性があるのか、商標「ジャムム\jammu」の指定商品・役務を見ていきたい。

まず気になったのは、第41類「セミナーの企画・運営又は開催」
ジャムムが開催するセミナー。なんとかわいらしいのでしょうか。おいしいジャムづくり教室なんか開いてくれたら参加必至ですね。

お次も第41類からの登場。「翻訳」
ジャムムは一体何語を話すのでしょうか? 日本語をジャムム後に翻訳してくれればジャムムとトークができちゃいますね。

最後は第39類、「旅行者の案内」
ジャムムと行く、観光ツアー。とってもすてきな旅になることでしょう。

いかがでしょうか。商標の指定する・商品・役務をみると、今後どのようなサービスを展開するのか、予想ができるのです。
皆さんもぜひToreru Search(トレルサーチ)を使ってお気に入りのブランド名をCheck it out!

この記事を書いた人

萩原-HAGIWARA-
商標調査の傍らに記事を書く男。最近はライターを自称し始めている。