商標出願の時、英語とカタカナどちらがいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語の本

商標の出願の時、英語で出願した方がいいのか、カタカナで出願した方がいいのか、もしくは両方を出願した方がいいのか、迷うことはありませんか?

どのように出願するのが好ましいのかは、大きくわけて2つのパターンがあります。

・英語表記とカタカナ表記が、誰が見ても当然に同じように読めるとき

・英語表記とカタカナ表記が、見る人によっては、違うように読めるとき

です。

それぞれについて、以下に詳しく解説します。

 

 

英語とカタカナが、同じように読める場合→よく使う方を出願すればOK

英語での表記とカタカナでの表記が、誰が見ても当然に同じように読める場合は、原則、片方を出願すれば、もう片方も権利範囲に入ってくるので、どちらかを出願すればOKです。

よく使う方を出願しておくと良いでしょう。

 

英語とカタカナが、同じように読めない場合

 

①どちらも出願するのがBetter

英語表記とカタカナ表記が、見る人によっては、違うように読めるときは、どちらも出願することをお勧めします。なぜなら、読み方が違うと「非類似」となる可能性があるので、せっかく権利がとれてもその権利を行使できない(差止や損害賠償請求ができない)ことがあるからです。

 

②2段書で出願する方法もある

英語表記とカタカナ表記が、見る人によっては、違うように読めるときは、2段書の商標の表記で出願する方法もあります。

この場合のメリットは、出願が1件で済むので、コストが抑えられることです。

しかし、デメリットとして、商標は、原則出願の様態で使用していなければ、使用しているとは認められないことがあるので、第三者から「不使用取消審判」を起こされた場合、取り消されるリスクがあります。

よって、重要な商標の場合で、英語とカタカナが、同じように読めない場合は英語表記・カタカナ表記どちらも出願しておくことをお勧めします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

調査無料、出願手数料9,800円~で商標登録

商標登録Toreru(トレル)なら、

簡単に商標登録ができ、出願手数料9,800円~です。

大学、ベンチャー、アマゾンセラーなどECサイト運営者が利用。

  • 調査無料 ・ 出願手数料9,800円~

  • 年間300案件以上の経験豊富な弁理士が丁寧に対応

  • マイページでカンタンに商標を管理

  • メディア、ブログ、Facebook等で紹介多数


商標登録をお考えであれば、是非ご活用下さい。詳しい情報は下記のボタンから確認できます。

 

もっと詳しく見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*