商標出願の標準文字にハイフンなどの記号は使えるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレイアートビジネスマン

「標準文字」とは、特許庁が指定する文字の書体のことです。

文字の商標を出願する場合、特にフォントにこだわりがなければ、出願手続がスムーズに進められる標準文字で出願することが多いですが、ハイフンは使えるのでしょうか。また、その他の記号は使えるのでしょうか。

 

 

マイナスや長音は使用できるが、ハイフンは使用できない

マイナス(-)や長音(―)は使用できますが、ハイフン(‐)は使用できません。

見た目はほとんど変わりがありませんが、特許庁の標準文字に対応していないハイフン(‐)は使えないのです。

オンライン出願では、書式エラーとなり、出願できませんので、ハイフン(‐)を使用する際は、マイナス(-)や長音(―)に置き換えて出願すればよいでしょう。

標準文字黒板

 

標準文字は、使える記号と使えない記号が決まっている

使用できる標準文字は決まっています。

例えば、Φ〆┏などの記号は使用できません。

(※2015年8月現在。使用できる文字は、増えることがあります)

使用できる標準文字についてはコチラ↓(特許庁HPより)

https://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/pdf/tr_guide/09_hyoujyun.pdf

 

 

標準文字出願で、使えない記号や文字を使用した場合

標準文字出願で、願書に使用できない文字を記載していた場合、オンライン出願では、書式エラーとなり、出願できません。

紙提出の出願では、審査官の判断によりますが、一般的には、標準文字が削除され、一般の文字出願として扱われます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

調査無料、出願手数料9,800円~で商標登録

商標登録Toreru(トレル)なら、

簡単に商標登録ができ、出願手数料9,800円~です。

大学、ベンチャー、アマゾンセラーなどECサイト運営者が利用。

  • 調査無料 ・ 出願手数料9,800円~

  • 年間300案件以上の経験豊富な弁理士が丁寧に対応

  • マイページでカンタンに商標を管理

  • メディア、ブログ、Facebook等で紹介多数


商標登録をお考えであれば、是非ご活用下さい。詳しい情報は下記のボタンから確認できます。

 

もっと詳しく見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*