商標の早期審査が認められなかったら、どうなるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はてな(雲)

 

通常、商標の審査期間は、出願から約半年ほどかかりますが、「早期審査」の手続をして、これが認められると1ヶ月半~2ヶ月ほどで、審査結果がでます。

早期審査をしても認められなかった場合には、どうなるのでしょうか?

 

 

特許庁から通知が来て、通常の審査になる

切手

早期審査の手続に対して、「早期審査の対象としない。」旨の通知が特許庁より送られます。

出願自体が却下になるわけではなく、あくまで、早期審査の手続が却下になるということで、それ以降の手続を何も行わなければ、通常の審査(審査期間:出願から6ヶ月前後)になります。

なお、早期審査が認められない場合であっても、商標登録が認められるかどうかの審査において不利に取り扱われることはありません。

 

早期審査が認められない一例

グラフ

①商標の使用の事実が確認できない場合

②出願した商標と、実際に使用している商標の様態が異なる場合(出願商標が二段書きで、使用商標が一段書きである場合や、ローマ文字の大文字と小文字の違いがある場合など)

③出願した商標の指定商品について、一部のみしか、商標の使用の事実が証明できていない場合

などが、早期審査が認められない代表的な例です。

審査官によっては、認められたり認められなかったりする場合もあり、一該には言えませんが、原則、上記のようなケースは、早期審査が認められません。

 

早期審査の再提出は可能

早期審査の手続が認められなかった場合でも、再度、早期審査の手続きをすることが可能です。回数に制限はありません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

調査無料、出願手数料9,800円~で商標登録

商標登録Toreru(トレル)なら、

簡単に商標登録ができ、出願手数料9,800円~です。

大学、ベンチャー、アマゾンセラーなどECサイト運営者が利用。

  • 調査無料 ・ 出願手数料9,800円~

  • 年間300案件以上の経験豊富な弁理士が丁寧に対応

  • マイページでカンタンに商標を管理

  • メディア、ブログ、Facebook等で紹介多数


商標登録をお考えであれば、是非ご活用下さい。詳しい情報は下記のボタンから確認できます。

 

もっと詳しく見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*